少ない収入でも申し込めるカードローンがあります!

8月 28th, 2014

少ない収入でも利用できるカードローンがあれば便利ですよね。いざというときの備えにはピッタリです。友人や親戚などに借りるのもよいですが、返却が滞らせなくても、回数を重ねたりしていくと、信頼関係が悪化する場合もあります。知人に借りる場合はそのようなリスクを考慮に入れないと、あなたが孤立していくかもしれません。その点、カードローンは会社が相手なので、良い意味でビジネスライクです。一時期のような怪しいイメージも消えつつあります。お金を貸すサービス業ですから当然ですよね。安心できるような対応でないと会社側が損をしますので、銀行系カードローンが参入してからサービス合戦をしています。


<むかしはサラリーマン向けのプランでした>

安定した収入のあるサラリーマンを対象としていたのは過去の話です。現在では、その間口は広がっています。少ない収入でも、月々にまとまった金額をもらっている方なら、カードローンを利用できるプランができてきました。もし、あなたがそれに該当するなら、正直に窓口などで相談してみましょう。


<少ない収入の方向けプランの注意点>

それは限度額と金利です。残念ながら、安定した収入があり、長い勤務経験のある偏りは信用度が落ちます。それは借り入れの限度額や金利などに差がある場合が多いです。それでも、もしものときに借り入れができるのは安心でしょう。あなたの収入と見比べながら計画的に利用してください。

カテゴリー: カードローン | コメントはまだありません

カードローン審査で使う個人情報

8月 11th, 2014

カードローンでは審査で本人確認書類を提出します。他にも、普段は意識することの少ないであろう個人情報などを開示していることは知っていますか?カードローン審査で利用する、個人情報の種類などについてご紹介します。


カードローン審査は原則として本人確認書類

カードローンは、原則として本人確認書類だけで十分というのもポイントとなっています。審査にかかる負担が少ないことも、少額ローンでは重視されることが多いので、収入証明書などは高額の限度額設定をしない限りは少ないと言われることも多いそうです。消費者金融の場合、50万円以上を一社から借りる、総額が100万円になる、2つの場合は義務となりますが、ほかは会社の判断です。


開示に同意する必要が高い信用情報

信用情報というのは、過去にお金を借りた、お金の履歴などをまとめたものです。信用情報は自分自身で提出する書類ではありませんが、本人の同意なく閲覧できるものではないので、開示の同意をする必要があります。携帯電話を割賦払いで購入する場合などにも利用されることは多いので、書類を目にしたことがある人は案外、多いかと思います。返済の遅延などもここにデータとして一定期間残されているのです。

カテゴリー: カードローン | コメントはまだありません