カードローンの審査基準についてのポイント

5月 30th, 2014

消費者金融と銀行のカードローンの審査の基準としての違いは、総量規制があるかないかです。総量規制とは、貸金業者からの貸し付けは年収の三分の一を超えてはならないという賃金法のことです。消費者金融に関しては、総量規制に引っかかる場合があるので、審査を申し込む時には
注意が必要になります。


<総量規制のない銀行カードローン>

銀行カードローンでお金を借りるときの利点としては、総量規制がないことです。それが最大のポイントになります。消費者金融よりは、金利も安いです。利用する側としては、少しでも負担が軽くなるほうがよいのではないでしょうか。そして、借り入れできる限度額も高いので、高額な金額を借り入れできる可能性があります。ですが、その分審査基準としては多少厳しいことは覚悟して下さい。


<消費者金融のカードローン>

消費者金融でのカードローンは、銀行よりは審査が通り安いというのがポイントです。以前はよいイメージがあまりなかった
消費者金融も、今では賃金法の改正などがあり、健全な運営をしていますので、安心して利用できます。ですが、総量規制が適用されますので、
申し込む際にはその点は十分に確認してから、申し込みましょう。

カテゴリー: カードローン | コメントはまだありません