カードローンの返済が延滞してしまうとどうなるのか

4月 11th, 2014

借金はいずれかは返済をしていかなければなりません。カードローンも借金と同じですのでいずれかはしっかりと返済しないといけないものです。しかし、返済には期日があり当然、人によればその期日までに返済が予定通りにできない人も出てきます。この場合どうなってしまうのでしょう。


<まず、事前にカードローン発行会社に連絡しておけばOK>

まず、返済が期日通りに行えそうにない婆は、事前にカードローン発行会社に連絡を入れておくのが良いでしょう。会社の方も相談や質問はしっかりと対応してくれます。なるべく期日通りにいかない場合はしっかりと連絡を入れておくことでペナルティーを回避することができます。


<それでも返済が延滞してしまったら>

それでも延滞してしまったら、遅延損害金が発生する事となっています。遅延損害金は、基本的には遅延損害金利率に、返済に遅れた日数分、そして借入額を乗じて計算されます。遅延損害金利率は一律に20%と決まられており、通常の金利よりもかなり高めに設定されているのが特徴です。ペナルティーはかなり高くつくという事は覚えておいた方が良さそうです。なるべくカードローンは利用と返済を期日通りに行うべきです。

カテゴリー: カードローン | コメントはまだありません