カードローン審査で使う個人情報

8月 11th, 2014

カードローンでは審査で本人確認書類を提出します。他にも、普段は意識することの少ないであろう個人情報などを開示していることは知っていますか?カードローン審査で利用する、個人情報の種類などについてご紹介します。


カードローン審査は原則として本人確認書類

カードローンは、原則として本人確認書類だけで十分というのもポイントとなっています。審査にかかる負担が少ないことも、少額ローンでは重視されることが多いので、収入証明書などは高額の限度額設定をしない限りは少ないと言われることも多いそうです。消費者金融の場合、50万円以上を一社から借りる、総額が100万円になる、2つの場合は義務となりますが、ほかは会社の判断です。


開示に同意する必要が高い信用情報

信用情報というのは、過去にお金を借りた、お金の履歴などをまとめたものです。信用情報は自分自身で提出する書類ではありませんが、本人の同意なく閲覧できるものではないので、開示の同意をする必要があります。携帯電話を割賦払いで購入する場合などにも利用されることは多いので、書類を目にしたことがある人は案外、多いかと思います。返済の遅延などもここにデータとして一定期間残されているのです。

カテゴリー: カードローン |

この投稿へのコメントは受け付けていません。